認定証カード画像登録

下のフォームに必要事項を記入後、認定証カード用画像(写真)を添付してください。
認定証カード用画像(写真)は、スマートフォンアプリ、デジタルカメラ、証明写真機のWeb用データ保存サービスなどで、新しく撮影することをおすすめします。全身の写真、楽器などを含む写真を登録された場合は、顔周辺を切り取り使用させていただきます。
撮影方法は、フォーム下の「認定証画像撮影方法」をご確認ください。
登録が完了しましたら、確認のメールをお送りします。

・認定証サンプル
認定証画像
 

地域音楽コーディネーター認定証用画像登録フォーム

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
講座申込受付完了のお知らせメールに表記されている、受付IDを記入してください。
*
例)音楽 華子
姓名の間にスペースを入れてください。
*
例)Hanako Ongaku
名前 苗字 の順で入力してください。
名前 苗字 の最初の文字は大文字にしてください。
名前 苗字 の間にスペースを入れてください。
※認定証カードに表記されます。
*
(確認用)
講座申込時のメールアドレスの入力をお願いします。
携帯電話用メールアドレスを登録される場合は、info@onbunso.org と、office@onbunso.org の受信を許可してください。
※登録後に確認のため登録内容を送信します。入力に誤りがありメールを送信できないことがありますので、正確にご記入ください。
*
日中連絡のとれやすい電話番号を以下の形式で入力してください。(半角数字)
080-0000-0000
※入力に誤りがあり、ご連絡できないことがありますので、正確にご記入ください。
*
画像(写真)ファイルを添付してください。(2メガバイト以内)
可能な方はファイル名をご自身のお名前にしてください。
※ページ下部の「認定証画像撮影方法」をご確認いただき、新しく撮影することをおすすめします。

認定証画像撮影方法


◆スマートフォンアプリを使用した撮影

スマートフォンをお持ちの方はできるだけ、証明写真用のアプリで撮影してください。
下記の「履歴書カメラ」を推奨しています。
・履歴書カメラ
iPhone
Android
登録時は、証明書用に分割された写真ではなく、1枚の大きい写真を添付してください。
撮影時は、ページ下の「背景」「照明」「撮影時の注意点」を参考にして適切な写真を撮影してください。


◆デジタルカメラ、スマートフォン、携帯電などで撮影するときの注意点

スマートフォンアプリを使用できない方は、以下の注意点を参考に、デジタルカメラ等で撮影してください。


背景

認定証用の写真ですので、背景はできるだけ無地の場所を探し、「無背景」で撮影してください。
壁などを無地の場所を背にして撮影すれば「無背景」の写真が撮影できます。
無地の場所が見つからない場合は、白い大きな紙(ポスター・カレンダーの裏など)やシーツなどの布地をバックにしても代用できます。
写真背景説明画像


画像サイズ

写真に対して、顔が小さくなりすぎないよう注意してください。サイズが確保できません。
胸から上の上半身を撮影してください。
切り抜きの余裕を持たせるために、少し引き気味に撮影するようにしてください。
頭の上には少し余白が必要です。
写真は横ではなく「縦」になるよう撮影してください。
画像サイズは最低1000ピクセル×800ピクセル程度必要です。デジタルカメラや、スマートフォンの設定を確認してください。
できるだけ最大サイズで撮影してください。
※現在、iphoneの標準カメラでは解像度の設定変更は不要です。

※全身の写真、楽器などを含む写真を登録された場合
・認定証の写真で、ご本人の顔が分かるように(小さくなりすぎないように)顔周辺を切り取り使用させていただきます。
・切り取り後の写真画像のサイズ(大きさ)が証明証を作るために十分でない場合には再度登録をお願いすることがあります。できるだけ、アプリなどを使用し認定証用の画像を撮影してください。
切り抜き説明画像

照明

部屋の照明をつけて、なるべく明るい部屋で撮影してください。
照明(光源)に対しての顔の角度によって影ができることもあるので注意してください。
壁に近過ぎると影が出るため、少し離れて撮影してください。

撮影時の注意点

手ブレしないよう撮影することが大切です。
デジカメの場合は、三脚を使用することをお勧めします。
レンズと顔が並行になるようにしましょう。(極端に上や下から撮影しないようにしてください。)
セルフタイマーを使うと手ブレを防止できます。
両手で持つと手ブレを防止できます。
スマートフォンや携帯で撮影する場合、画面ではなく「レンズ」を見て撮影すると目線がはずれません。
肩が平行になるように両手で持つようにしてください。
ピント合わせは、オートフォーカスを使用すると簡単です。

◆証明写真機のWeb用データ保存サービス

各証明写真機の説明をご確認ください。
 
PAGE TOP